So-net無料ブログ作成

イワツバメとツバメ [野鳥]

先日、カワセミを見た池にはイワツバメがたくさんやって来ていました。
DSC_6747.JPG
DSC_6734.JPG
小川から池に流れ込んでいる辺りが土砂が堆積していて、
そこの土を盛んに運んでいました。

水飲みの場面を撮ろうと思ったのですが、うまく撮れない[ふらふら]
DSC_6771.JPG
DSC_6774.JPG
難しいです~[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]

イワツバメだと思って撮った写真の中に、
DSC_6778.JPG
ツバメが写ってました。
この公園はイワツバメが営巣しているので、イワツバメは多いのですが、
普通のツバメは少ないので滅多に見かけません。
それでもたまにこうやってやって来ます。
ツバメの雛たちもそろそろ巣立ちの時期なので、子供たちが飛び交う姿が見れるかもしれませんね。

おまけ。
前々回の記事のサンコウチョウの続報です。
5月24日に初確認した時の巣の様子。
DSC_6824.JPG
まだまだ小さな巣だったのです。

3日後の5月27日に確認に行った時。
DSC_7028.JPG
だいぶ大きくなってきました。
順調に巣作りが進んだようです。
まだ巣を空けていることがあるので抱卵はしていないように思いますが、もうそろそろなのでしょうかね。
楽しみです。
しばらくは観察を続けたいと思ってます。

ただ今、経験中~ [野鳥]

ここ最近、続々と野鳥の子供たちが見れるようになってきました。
DSC_6662_01.JPG
この鳥は・・・

DSC_6664.JPG
シジュウカラの幼鳥ですね~
ついつい幼鳥ばかり撮ってしまいますが、近くにはちゃんと親鳥もいます。

こちらの鳥は・・・
DSC_4445.JPG
お腹が白いですが、大きくなってくるとだんだん茶色になっていきます。

DSC_4461.JPG
ヤマガラの幼鳥です。

近くにいた親鳥におねだり中~
DSC_4454.JPG

親鳥はというと、
DSC_4455.JPG
プイっと反対側を向いてしまいました。
自分で捕りなさいよ~って事なんでしょうね。

池に行くと久しぶりのカワセミ。
DSC_6666.JPG
こちらは成鳥のカワセミだと思います。

その近くには、
DSC_6694.JPG
幼鳥の姿も。
幼鳥は色合いが薄い感じですね。

親子で一緒にいるところ。
DSC_6853.JPG
この後、親鳥が水面に飛び込み・・・

DSC_6854.JPG
子「お父ちゃん、大きな獲物捕ったね~」
親「お前も早く捕れるようになるんだよ~」
と言ったかどうか・・・
咥えているのはゴミのように見えますけどね~[たらーっ(汗)]

DSC_6876.JPG
子供が巣立ってもまだまだ親鳥は大変そうです。

やって来た夏鳥4 [野鳥]

5月22日の早朝。
出勤前にいつもの公園へ探鳥へ。
散策途中でホトトギスの声。
ホトトギスもようやくやって来たようです。
私がいた辺りを鳴きながら通り抜け、駐車場の方へ行った様子。
ホトトギスは鳴き声は聞いたことはあったのですが姿は見たことが無かったので、
とりあえず駐車場方面へ引き返してみました。

駐車場を出てすぐ近くの木の上にそれらしき鳥を発見[目]
DSC_4491.JPG
逆光に近い位置なのでよく見えない[がく~(落胆した顔)]
それでも胸からお腹にかけての縞々模様が見えました。
もうちょっと近くで・・・と思って近づいたら林の中へ入ってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

林の中を覗いてみるとそれらしき鳥が!
DSC_4493.JPG
林に入ってくれたおかげ?で顔もはっきり見る事ができました[わーい(嬉しい顔)]

ホトトギスは「キョッ キョッ キョキョキョキョ」という感じで大きな声で鳴きます。
公園にいるとちょっと遠くからでもよく聞こえるぐらいです。
夜暗くなってからも鳴くこともありますので、
ホトトギスを知らない人でもその鳴き声を聞いたことがあるかもしれませんね。

そして昨日(23日)。
午後からの仕事でしたので、午前中にとある公園へ探鳥に行ってきました。
そろそろ仕事に向かおうかという頃になってサンコウチョウの声が!
10分程、声が聞こえてきた辺りを探してみたのですが、残念ながら見つからず。
ということで、本日(24日)は仕事が休みでしたのでリベンジに行ってきました。

昨日、声が聞こえた辺りでしばらく様子を見たのですが、姿どころか声も聞こえず[たらーっ(汗)]
この場所を諦め、キビタキの声がしたのでそちらの方へ散策路を進んでいきます。
DSC_6751.JPG
最近のキビタキは手強くて・・・ようやく見つけても後ろ姿[がく~(落胆した顔)]

飛び立つ前にこちらを向いてくれて・・・
DSC_6754.JPG
顔が見れたのはこの時だけでした。
まぁ、見れただけでも良しとしないとね。

ちょうどキビタキを撮った後ぐらいでサンコウチョウの鳴き声が[exclamation]
声がする辺りで動き回っている鳥がいました。
周りが木に覆われている散策路なので動いているところの撮影は無理。
しばらく目で動きを追いかけて止まってくれるのを待ちます。
DSC_6763.JPG
50m程先の枝に止ってくれました。(この写真はノートリミングです)

拡大!
DSC_6763_01.JPG
間違いなくサンコウチョウですね~[わーい(嬉しい顔)]
小国神社で見て以来2回目、約1年ぶりになります。
囀りが聞こえていたので雄だと思うのですが、尾が長くないです。
繁殖期の雄は尾が長く、尾を除く体長の3倍ぐらいになります。

その後、その場でしばらく様子を見ているとすぐ近くにやって来ました。
DSC_6795.JPG
(この写真はノートリです)
結構近かったので慌てたのですがちゃんと写っていて良かった~[わーい(嬉しい顔)]

拡大します。
DSC_6795_01.JPG
羽が茶色いのでどうやら雌のような感じ。
雌雄、番でいるようす。

ちょっと写りが悪いですが雄(たぶん)の写真。
DSC_6805_01.JPG
DSC_6806.JPG
尾は長くないですがアイリングがちょっと太い感じです。

ここでちょっと休憩(トイレ休憩ね)。
休憩に行っている時に写真を確認していたら、こんな写真がありました。
DSC_6801.JPG
巣のようです。
撮った場所(私が居た場所)からすると散策路の近く。
私が居た場所は覚えているのですが、どの辺りに巣があったか覚えていない[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]

休憩終了でもう一度同じ場所へ行ってみます。
写真を見返しても場所はわからなかったのですが、
サンコウチョウを撮っているうちに巣の場所が判明!
DSC_6912_01.JPG
ちょうどこの巣の真下は散策路なんです。
こんな場所に巣を作らんでも・・・[たらーっ(汗)]

巣の大きさは小さい感じ。
DSC_6817.JPG
たまに低木へ向かって飛んで行くのを見ました。
拡大して見ると蜘蛛の巣が見えます。(ちょうど顔の辺り)
調べてみると蜘蛛の巣も巣材に使うようで、巣はまだ建築中なのかも。

巣に気付く人は少ないかもしれませんが、
この散策路は人通りがそれなりにあるので無事に繁殖してくれるかどうか・・・
また様子を見に行ってみたいと思います。

谷津干潟② [野鳥]

前回の谷津干潟の続きです。
干潟で見た野鳥たち(カルガモは前回掲載してますので除きます)を順番に。

まず最初はキアシシギ。
DSC_3801.JPG
葛西臨海公園に続きこちらでも結構いました。
この鳥は結構近くへ寄ってくれるので助かりました。
他の鳥は遠いところに見えるのがほとんどでした。

次はスズガモ?
DSC_3779.JPG
スズガモとコスズガモはよく似ているのだそうですがたぶんスズガモで良さそうな気がします。

杭の上で日向ぼっこしていたカワウ。
DSC_3792.JPG
最近ではカワウなんて滅多に撮らないのですが、
光の加減だと思いますがなんとなくきれいに見えたので。

ダイサギ。
DSC_3796.JPG

アオサギもいました。
DSC_3811.JPG

自然観察センター横のカルガモのいた池にカイツブリ。
DSC_3814.JPG

ヒドリガモ。
DSC_3813.JPG

ここからは自然観察センターの東側の干潟での観察。
DSC_3823.JPG
遠い所に何羽かの群れでいます。
オオソリハシシギとダイゼンは判別できますが・・・

一番東側の通路からが比較的近くで観察できました。
チュウシャクシギ。
DSC_3883_01.JPG

少しづつ近づいてきてくれたダイゼン。
DSC_3923.JPG

同じく近くにいたハマシギ。
DSC_3925.JPG
ハマシギの夏羽はお腹が黒いのだそうです。

突然、このハマシギが伏せて、
DSC_3989.JPG
この後すぐ飛び去ってしまったのですが、原因はこの鳥の登場。
DSC_3991.JPG
ハヤブサでしょうかね?
この猛禽がやって来たので干潟の鳥たちが一斉に飛び回っていました。
DSC_4004.JPG
これでも一部分だけなのですが、こんなにたくさんいたんだと思いました。

そういえばキョウジョシギをまだ見てないなぁ~と思ったところで、
DSC_4031.JPG
そのキョウジョシギを見る事ができました。

キョウジョシギの飛翔。
DSC_4159.JPG

DSC_4082.JPG
手前はオオソリハシシギのようですが、奥の3羽は嘴が真っ直ぐに見えます。
オグロシギでしょうか?

こちらはソリハシシギ(右)
DSC_4180.JPG
左側に何羽かいますが、ハマシギと奥にメダイチドリのようです。
DSC_4176.JPG

最後に駅への帰り道でコアジサシ。
DSC_4397.JPG

これで谷津干潟で見られた野鳥はおしまいです。
今回は初見の鳥も多く見られたので良い遠征になりました。
今度は秋の渡りの頃に行けるといいなぁ~

谷津干潟① [野鳥]

前回記事の続きです。
5月16日、葛西臨海公園を出て、電車に乗って南船橋まで。
ここから歩いて10分程で見えてきました。
DSCN4720.JPG
谷津干潟。

DSCN4723.JPG
ラムサール条約というのは『特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約』で、
水鳥などの湿地の生態系を守る目的で作られた国際条約なんだそうです。

まずは谷津干潟自然観察センターへ行ってみます。
干潟沿いを歩きているとアヤメが咲いていました。
DSCN4735.JPG

こちらはジャーマンアイリスでしょうかね。
DSCN4731.JPG
たまには花も撮らないとね。

センターに到着。
DSCN4721.JPG
センター内は干潟を観察するための観察フロアーや谷津干潟に関する展示がしてあります。

DSCN4724.JPG
野鳥の頭部をかたどった帽子が展示してありました。
(トリのぼうしやさんとありますが売っているわけではありません)

センター内には食堂もあり、ちょうどお昼時でしたので昼食を頂きました。
ちなみにセンターの入館料は高校生以上は370円で、食堂利用のみの場合は無料で入れるそうです。
私は370円支払って入りましたよ。

食堂から見えるところに淡水池があるのですが、
窓越しに見えるのはかわいらしいカルガモの子供たち[わーい(嬉しい顔)]
DSC_3815.JPG
メッチャかわいらしい~[揺れるハート]

親鳥は休憩中でした。
DSC_3816.JPG

帰る間際にもセンターに寄ってカルガモの子供たち。
DSC_4280.JPG

だんだん近づいてきましたよ[るんるん]
DSC_4288.JPG

窓際のすぐ近くまでやって来てくれましたよ。
DSC_4312.JPG
DSC_4315.JPG

カルガモの子供は全部で15羽いました。
無事に大きく育ってくれるといいなぁ~[わーい(嬉しい顔)]
DSC_4329.JPG

次回は谷津干潟で見る事が出来た鳥たち(カルガモ以外)です。
まだレンズが修理から戻ってきていないのでネタが少なくて[がく~(落胆した顔)]
2回に分けて記事にします。

手振れ補正の不具合で修理に出したレンズですが、
先週1度連絡があったのですが、故障の症状の再現がなくてよくわからんと・・・
私が使っている時はほとんど毎回起こっていたんですけどね。
もうちょっと調べるのでもうしばらく待ってくれとのことだったのですが、
昨日、連絡がありようやく故障個所がわかったそうで2~3日中には修理を終え戻ってきそうです。
とりあえず一安心です。

葛西臨海公園 [野鳥]

昨日、新幹線に乗って東京へ。
葛西臨海公園へ行ってきました。
DSCN4706.JPG
写真は駅のホームの看板です。
JR京葉線の葛西臨海公園駅を出るとすぐ目の前が公園です。
DSCN4707.JPG
大きな観覧車が見えます

もちろん野鳥がメインでしたので鳥類園へ向かいます。
DSCN4708.JPG

鳥類園だけでもかなりの大きさです。
DSCN4712.JPG
写真は大池だと思いますが、もう一つ池があります。
池の周りには樹木などに覆われ、所々観察小屋や観察窓があり、そこから見る事ができます。
DSCN4710.JPG

右も左もわからないのでとりあえず鳥類園ウォッチングセンターへ行き情報収集。
どうやら小池の方が鳥が見られそう。
ぐるっと一周してみることに。

まずはキアシシギ。
DSC_3665.JPG
この鳥は先日地元の狩野川河口でも見られましたが、ここでも比較的多かった様子。

こちらはアオアシシギ。
DSC_3692.JPG
DSC_3740.JPG

カニもたくさんいました。
DSC_3684.JPG

観察窓のすぐ前にやって来たカワラヒワ。
DSC_3702.JPG

大きめな体で曲がった嘴が特徴的なチュウシャクシギ。
DSC_3695.JPG
DSC_3737.JPG
右がキアシシギ、左がチュウシャクシギ。

白鷺も何羽かいました。
DSC_3729.JPG
大きいのはダイサギのようです。小さいのはコサギ。

ちょっと遠くてよくわからなかったのですが、
DSC_3711.JPG
キアシシギよりやや小さいぐらいの大きさ。
嘴が反っているように見えます。
DSC_3717.JPG
右がキアシシギ、左が先ほどの鳥。
背中に黒い線が2本見えます。
どうやらソリハシシギのようです。

最後はコチドリ。
DSC_3749.JPG

約1時間30分程観察していました。
DSCN4715.JPG

葛西臨空公園を出て、次の目的地へ向かいます。
続きは次回です。

おまけ。
海側の通りを歩いていると見えました。
DSCN4715.JPG
DSC_3726.JPG
見えたというだけで、行ったわけではありませんよ。

公園で見かけた花。
ハコネウツギ。
DSCN4718.JPG

シャリンバイでしょうか。
DSCN4719.JPG
葛西臨海公園ではポピーが見ごろのようなのですが、
後から調べたので見に行ってないのです。
もうちょっと調べてから行けば良かったです[たらーっ(汗)]

海鮮かき揚げ丼&キアシシギ [野鳥]

昨日はお休みでしたので沼津港のすぐ近くの狩野川河口へ探鳥に出掛けました。
順序は逆になりますが、探鳥を終えてちょうどお昼時でしたので沼津港で昼食。
DSCN4658.JPG
海鮮かき揚げ丼だったかなぁ~
これにカツオの刺身を追加してお腹一杯になりました[わーい(嬉しい顔)]
注文した後に気付いたのですが、桜エビもメニューにあったんですよ。
そういえば桜えびの時期なんですよね[たらーっ(汗)]
折角、港まで行ったのにもったいなかったかな。
でも、これはこれで美味しかったですよ[わーい(嬉しい顔)]
やなぼーさん、桜エビが待ってますよ~[るんるん]
ぜひ、いらっしゃってくださいね[わーい(嬉しい顔)]

さて、ここからは探鳥。
沼津港周辺と言えばやはりトビ。
DSC_6203.JPG
トビはいつ来ても見かけます。

そしてカモメたち。
DSC_6214.JPG
ウミネコかな。
冬羽のユリカモメも見かけたような気がしたのですが写真に撮ってなかったです[ふらふら]

岩場にコサギ。
DSC_3608.JPG

この辺りにシギの仲間でもいないかと探してみたら、キアシシギがいました。
DSC_6240.JPG
DSC_3603.JPG
全部で5羽いました。

DSC_6308.JPG
キアシシギ3羽とその横(一番左)にちょっと違う感じの鳥が!

DSC_3656.JPG
どうやらハマシギのような感じです。
5羽のキアシシギに混ざってハマシギが1羽だけいました。

4羽のキアシシギの隊列。
DSC_6374.JPG
お昼頃になって少しづつ潮が満ち初めて来たようで、川の上流方面へ移動していきます。

ちょっと遅れて1羽のキアシシギとハマシギ。
DSC_6349.JPG

キアシシギもハマシギも昨年の秋以来だと思います。
初見という訳ではないですが、久しぶりに見かける鳥は新鮮で嬉しいです。
探鳥に食事にと楽しんだ一日でした[わーい(嬉しい顔)]

多摩川でコアジサシ [野鳥]

多摩川へコアジサシを見入ったのですが、到着後すぐには見られず、
前回記事の鳥たちを見た後でようやく発見。
DSC_5993.JPG
ちょっと前に富士川で見た時もそうだったのですが、遠くで飛んでいると見つけにくい。
最大で4羽のコアジサシが見れましたが、常に1羽は見える範囲で飛び回っていたので楽しめました[わーい(嬉しい顔)]
DSC_6018.JPG
アップで。
もちろんトリミングしてますが結構近くを飛んでくれたり、ダイブしてくれたり。
近いと良さそう(うまく撮れれば大きく撮れます)ですが、結構速いのでフレームアウトしやすいです。

DSC_6110.JPG
ダイブの直前。
ここから急降下して水面へダイブしますが、今回は全く撮れませんでした[ふらふら]
すぐ近くでも何度も飛び込んでくれたんですけどね[あせあせ(飛び散る汗)]

かなりの時間は1羽だけというのが多かったのですが、
たまにどこかからかもう1羽やって来て追いかけっこ。
DSC_6081.JPG
DSC_6094.JPG

飛び疲れる?と浅瀬に降りて一休み。
DSC_6025.JPG
着地はポーズを決めて10点満点!(古いかな^^;)

DSC_6037.JPG
休憩中は毛繕いをしてまったり。

一番近かったのはこの写真の時かな。
DSC_6119.JPG
この写真のみノートリです。
私の使っているレンズは150-500mmのズームレンズですが、
近すぎて望遠端(500mm)では追い切れず、250mmで撮ってます。
200mmや300mmのレンズでも十分撮れるところまで飛んで来てくれます。

ダイブ成功後の小魚を咥えているところ。
DSC_6155.JPG
見てる範囲では成功率は半分ぐらいのような感じでした。

DSC_6127.JPG
DSC_6172.JPG
大空を飛び回る姿はホント気持ち良さそうです。

1時間ほど楽しみました。
この後もう少し上流へとも思っていましたが、この場所で十分楽しめたので、
この後はシグマのサービスセンターへ向かいレンズを修理に出してきました。
15日ぐらいまでには帰ってきてくれるといいのですが。

さて、今日はお休みでしたので久しぶりに沼津港へ行ってきました。
その記事は次回です。

セグロの親子 [野鳥]

一昨日(5/8)、多摩川へ行ってきました。
と、その前に、足柄SAで見た富士山。
DSCN4612.JPG
とってもいいお天気で、富士山もきれいに見えましたよ[わーい(嬉しい顔)]

午前9時ごろ、多摩川の河川敷に到着。
先日、ナビパさんから教えて頂いた場所です。
DSCN4619.JPG
広い広場(広いから広場なんですよね[たらーっ(汗)])です。
写真は広場の一部で、この4倍?ぐらい(もっとかな~)広いところです。
ナミちゃん、ビビちゃんはいつもここで走り回っているのかな。

川のすぐ側まで行ってみました。
DSCN4618.JPG
この場所はそれほど川幅も広くないので、コアジサシを撮るにはいい場所でした。

結果から言うとコアジサシは見れたのですが、前回記事と続いてしまうので、
今回はコアジサシ以外の鳥です。
まずはコサギ。
DSC_6013.JPG
やはり大きな体なので目立ちます。
じっと水面を見て餌を探していました。
ただ、魚を捕っている姿は見かけませんでした。

チドリの仲間も。
DSC_5940.JPG
コチドリかと思いましたが、アイリングが薄いのでイカルチドリでしょうかね。

こちらはコチドリかな。
DSC_6095.JPG

そしてセグロセキレイの親子。
DSC_5951.JPG
「おかあちゃん、ごはんちょうだい!」とねだっているのでしょうか。
親鳥はそっぽ向いてますけど[たらーっ(汗)]

DSC_5958.JPG
親鳥が動くとついていきます。

親鳥についていきながらも、周りをキョロキョロ[目]
DSC_5959.JPG
写真を撮っているこちらも気になる様子。

DSC_5962.JPG
色々と気になるようで、だんだん親鳥から離れてしまうので、
見ているこちらがハラハラしてました[あせあせ(飛び散る汗)]
親鳥が餌を与えていないのは、自分で捕ってみなさいって事なんでしょうね。
厳しい自然の中で生活していく術を教えているんでしょう。

次回はコアジサシです。

さて、多摩川で撮影した後、シグマのサービスセンターへ寄りました。
最近、レンズの手振れ補正の調子が悪かったのです。
半年前に修理に出したばかりなんですけどね[ふらふら]
シグマ本社は川崎市にありますので、多摩川へ行ったついでに修理に出したというわけです。
来週中には戻ってくると思いますが、しばらくは探鳥はお休みかなぁ~

コアジサシ [野鳥]

ここ2年、コアジサシが見たくて富士川や大井川などいろいろ行ったのですが、
なぜか出会いがなかったのです。
今年こそは!ということで、昨日、ナビパさんにお願いして多摩川の情報を教えて頂きました。
快く貴重な情報を教えて頂きありがとうございますm(_ _)m
明日、多摩川へ行こうと思っています。

ナビパさんのブログにお願いのコメントを入れた後、出勤前に富士川へ行ってみました。
ここでもコアジサシは見れるはずなのですが、到着すると白鷺とカワウが数羽。

やはり、コアジサシは見れないのかなぁ~なんて諦めていたのですが、
双眼鏡を覗いて辺りを見ていると対岸の方で飛んでる!
DSC_5698.JPG
ようやく見る事が出来たコアジサシ[わーい(嬉しい顔)]
曇り空で遠くの対岸の方を飛んでいたので肉眼ではわかりづらかったのです。

しばらくすると近くの方へもやって来てくれました。
DSC_5747.JPG
私の方をちらっと[目]
私が観察されてしまいました[たらーっ(汗)]

DSC_5749.JPG
ホント飛翔姿がきれいな鳥です。

コアジサシと言えばやはりダイブ!
DSC_5711.JPG
ここから急降下!

DSC_5713.JPG
ダイブの瞬間はピンボケ~[ふらふら]
早いので撮影が難しい[あせあせ(飛び散る汗)]

比較的うまく撮れた1枚。
DSC_5824.JPG
ちょうど入水時のところ。
写真ではやや斜めに入水してますが、見た目にはほぼ垂直に入水していくような感じに見えます。

川の真ん中あたりの岩場にて。
DSC_5836.JPG
飛んでいるところを撮っていたのですが、岩場に止まっているコアジサシも何羽か写ってました。

その岩場辺りから一斉に飛び出したところ。
DSC_5916.JPG
DSC_5922.JPG
20羽ぐらいのコアジサシがいました。

約1時間ほど楽しませてもらいました。
DSC_5744.JPG
DSC_5899.JPG

さて、明日は多摩川へ行ってきます。
お天気も良さそうなので楽しみです[るんるん]